1.徹底した栽培マニュアル

ベビーベビーは“AOMORIベビーベビー研究会”の7名の会員によって栽培されています。生産者による味ムラや甘味の違いが出ないよう、徹底した栽培マニュアルと厳しい出荷基準を定め、生産者の合格した果実のみベビーベビーとして出荷いたします。
そこに甘えは一切なく、中にはシーズン通して1粒も出荷できない生産者がいた年もありました。

2.妥協のない二段階体制の選果

出荷基準をクリアした果実であっても、全てが出荷できるわけではありません。ベビーベビーの最大の特徴でもある“薄皮”は、栽培や収穫時に付くわずかな傷や汚れからでも劣化が進みます。一次選果では主に完熟度や味などを中心にチェックをし、二次選果ではそこから傷・汚れなどのしみが付いたものを取り除いています。
ここまでの工程で残る果実は収穫量の約1/4程度です。

3.品質を守る重梱包

一粒一粒、丁寧にパック詰めをいたします。果実はデリケートゆえ、振動・摩擦によって新たな傷が付いてしまいます。それを避ける為、ベビーベビーは通常のミニトマトでは使用しないようなパックを使用しています。更に果実の遊びを軽減する為、特殊箱と果実シートによって固定いたします。収穫時の品質を、皆様にそのまま届けられるように特別な梱包をしております。